連結決算とは

今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。今年も決算のシーズンがやってきます。おおよそ企業というものは、一年単位で事業を見直していきます。そして株式会社である以上、株主に一年の業績の報告をしなくてはいけません。これが俗にいう株主総会です。株主総会で報告するのは一年間の業績ですが、企業は実は四半期ごとに業績を出しています。これを四半期決算と呼びます。そして投資家もこの四半期の業績を見て一喜一憂したりします。それが即、株価に跳ね返ってくるからです。ですから企業側には敏感です。決算の数字が悪ければ株主が株式を売ってしまうことも考えられます。そうすると一揆にその企業の株価は下がってしまいます。

然し、決算というのはもっと大きな目で見なくてはいけません。企業は業務提携をしていたり子会社を持っていたりするので、その子会社等の決算も親会社としては影響を受けます。これを親会社と子会社の連結決算と言います。つまり親会社は子会社の業績にも常に目を光らせています。株主総会では連結の数字を株主に報告しなくてはいけないからです。

企業が業績の悪くなった他の企業を買収して子会社にするということもよくありますが、決算のことを考えると、買収は慎重に進めるべきでしょう。

 

コメントは受け付けていません。