業績欄の見方

パソコン08会社四季報や日経会社情報の業績欄の見方はいろいろあります。まず売上高を見るというのがあります。売上高が順調に伸びているならその会社は上手くいっていると判断することもできます。次に利益が順調に増加しているかも見ます。売り上げ高だけが順調に伸びていても利益がなく赤字でしたり利益が増加していない場合はいろいろと問題が生じている可能性があるからです。利益といってもその種類はたくさんあります。これを一つ一つ見ていく必要もあります。損益計算書には5つの利益が計上されます。売り上げ総利益と営業利益と経常利益と税引前当期純利益と当期純利益です。この中で特に注目するのは売り上げ総利益と営業利益です。これらを見ることで本業の調子がいいか悪いかが分かります。売り上げ総利益は売り上げから売り上げ原価を控除した額であって粗利ともいいます。企業の主目的たる営業活動の結果を示すもっとも単純な指標ですがとても大事な指標です。営業利益は売り上げ総利益から販売費および一般管理費を引いた額です。企業の主目的たる営業活動の結果を示していますので本業の調子の良い悪いが直ぐにわかる大切な指標となっています。これらの指標の判断が見方として大切となります。

コメントは受け付けていません。